OVER WORK LIFE

パ・リーグを中心とするプロ野球についての日々を徒然なるままに

子連れで京セラドーム大阪(大阪ドーム)へ

f:id:ysin5:20160817123155j:imagef:id:ysin5:20160817123235j:image

夏真っ盛り、大阪に帰ってきて2年になりますが、関東に比べると本当に暑さが厳しいですね。
小さい子のいる家庭だと、暑さも関係なく遊びにつれて行かねばならず、ママ、パパの疲労は増すばかりです。

我が家も3歳の息子が元気に遊びまわっているのですが、真夏に1日過ごすのにどこが一番楽かと話し合った結果がドーム球場で野球観戦!になりました。

  1. 真夏でも涼しい空調の効いた空間!
  2. 子供を飽きさせないキャラクターをはじめ、イベントが豊富
  3. 1試合見れば、デーゲームなら終われば夕方
  4. ママは試合中抜け出して近くのイオンやショッピングモールで買い物

 と、野球観戦の場としては評判の悪い大阪ドームも子連れで1日を過ごす場として考えれば最高の場となりました。

これが阪神戦となると満員で大変なことになりますが、オリックス戦であれば場所を選ばなければ試合開始の1時間前に行けば自由席でも席に困ることはまずないはず。

付近には駐車場も豊富なのでファミリーでの観戦に本当にぴったり。
毎日試合やってくれないでしょうか。

山本マリーンズへ

f:id:ysin5:20160426085040j:imagef:id:ysin5:20160426085030j:imagef:id:ysin5:20160426085022j:image
あまりにも早い。
傷口に塩を塗りこみまくる近藤昭仁監督の後を継いだ山本功児元ロッテ監督が亡くなりました。

今思えば、傷口に出来たかさぶたを取らない方が良いのに取って毎年痛い目にあう野球を繰り広げていたように思います。

僕の印象は抗議&抗議&抗議。
ひたすらよく抗議していた気がします。

ただ自分が熱心に見ていた頃の監督なので色々と楽しかった思い出が多いです。
いや、まあ、普通に応援してたら神経持たないような試合内容でしたけど。

終盤のローズが船木のカーブを打てずに帰国したシーンや、開幕11連敗は悲惨の一言でありました。

俺じゃない俺に似た奴が言ったんだなどは、変装したボビーにも負けないハイライトだと思います。

楽しい野球をありがとうございました。

2016.04.03 バファローズ対マリーンズ@大阪ドーム

f:id:ysin5:20160407082538j:image
1日に引き続き、14時開始の土曜を避け日曜に家族で応援に行ってきた。
大阪ドームの客入りは人気ではなく、『タダ券の蒔き方』で変化するので、なかなか読む事が出来ず判断が難しい。

正直言って、オリックスを応援するのは滝行以上だと思うわけだが、客はタダ券の人が大半なので試合開始前1時間に到着すれば、それほど席に困ることはないようだ。

とは言えマリーンズの応援席に座るか?と言われると、それも今はしてなくて、もはや応援しているのか席取りに来ているのか分からなくなる有様が2005年以来恒常的に続いているので自分から進んで席を取ることはもうないですね。

さて試合の方はスタンリッジは悪いなりの粘りを見せるも、相手先発ディクソンを崩せず、オリックスに本拠地初勝利をあげてしまいました。
マリーンズ打線は一発もヒットも出るけど、いまいちつながらないのと、内野の守備がどうにも不安点。

次のマリーンズ観戦は5月かなー。

2016.04.01バファローズ対マリーンズ @大阪ドーム

f:id:ysin5:20160404081857j:imagef:id:ysin5:20160404081850j:image
年度初めにぴったり合わせられた関西開幕シリーズに行って来ました。
真面目なサラリーマンなので仕事後に向かう訳ですが、今年仕事後に行こうとするたびに毎回阪急が事故で止まってます。なんの因果か。

試合の方は大地の勝ち越し弾で終盤に追い付かれる嫌な展開を払拭!内と西野を構えているのは心強いね。

涌井は7回の入り方が雑になってしまったのが残念。そこまではほぼ完璧に抑えていただけに、相手がバッテリー含めての話だとは思うけど、ちょっと田村??

それにしても大阪ドームの客入りには驚きました。券売所がタダ券の引換所になってて、有料入場者数は一体何人なのかと!?

お金払うのがアホらしくなっちゃうね。

そもそも試合としてはロッテの点は押し出しと、守備の乱れからオリックスが自滅してくれた点。こんな試合してたら、GWまでにまた監督が変わったりして。

プロ野球 - 2016年4月1日 オリックスvs.ロッテ - スポーツナビ

2016.03.29-30 マリーンズ対イーグルス

開幕三連戦のあとは千葉マリンスタジアムイーグルスを迎えての2連戦、しかも平日デーゲーム。昨年に引き続き心配された客入りは帽子効果?もあってか、夜にやるよりは良かったかもしれない。
最近すごく増えているのだけど物を配るなとは言わないが、やりすぎない程度にして欲しい。
物配る時だけ客が来て、他の試合は閑古鳥な光景は観客動員数の数字だけを欲しがってるようにしか見えないよね。

さて試合の方は初戦は石川好投にまさかのパリーグ1号ホームランから2連発の鈴木大地の打棒で圧勝。
しかし2戦目は打ち過ぎた翌日にありがちな展開になり、美馬にプロ入り初完封をプレゼントしてしまい、なんとか粘っていた二木を援護出来ずと言う2試合でした。

それにしても今年の岡田は振り切るようになって、これを1年続けてくれればレギュラーで固定出来るようになるような気がする。
昨年の清田に続き、一軍半から一流への道を歩めるか!?

開幕シリーズ マリーンズ対ファイターズ

開幕シリーズは2勝1敗とマリーンズの勝ち越しで終わりました。
3連敗以外なら構わないのが開幕シリーズだと思いますが、マリーンズとしては結果的にオープン戦の好調をキープしたままシーズンに入れた形になり、良い結果でした。

まず開幕戦は先発の涌井が完璧で、ハム打線に全く付け入る隙を与えず、沢村賞を取った頃の自信に溢れ憎たらしい程抑える姿が蘇りました。怪我さえなければ、涌井ひとりの効果でAクラス入りは見えてきそう。

2戦目も大嶺は不運な流れも、主軸打者の活躍で見事な逆転勝利。このまま井上が流れを手にしてくれると、マリーンズとしては歓喜もの、いや福浦の2000本安打はなかったものになるかもしれない。
それにしても抑えの西野の安定感はかなりのもの。
しかし怪我で外れた大谷の穴、元々1年通して活躍することを期待する方がおかしい内でどこまで行けるかが心配な点。

で3戦目はスタンリッジが好投するも、今季のハムで数少ない希望の星、有原に抑え込まれて敗戦。
スタンリッジにはヒルマン、いやミンチー並の活躍に期待しているので次回以降も期待したい所です。

総じて主力の怪我さえなければ、わりと戦える戦力になった今年のマリーンズ。問題は戦力の厚さな訳で、元々薄い中継ぎ陣で、いきなり離脱となった大谷の穴をまずはどうするか。その辺りに注目していきたい所です。

以前は毎試合毎に戦評を書いたりしてた事もあったのですが、今はとても無理なのでカード単位くらいで更新したいと思います。

2016年 パリーグ順位予想

オープン戦も終わり、いよいよ開幕間近となりました。
今年もなかなか家族連れと言う事もあり、昔のように毎日観戦するのは難しいのですが、何とか週末中心に行ける限り行きたいなと思ってます。

そろそろ時期も時期なのでど素人なりの順位予想でもしてみます。

  1. 千葉ロッテマリーンズ
  2. 福岡ソフトバンクホークス
  3. 北海道日本ハムファイターズ
  4. さいたま西武ライオンズ
  5. オリックス バファローズ
  6. 東北楽天ゴールデンイーグルス
正直、ホークスの優勝はかなり固いと思うのですが、それじゃつまんない。ファンとしては始まる前の予想は当然ファンらしく行きたい。

ロッテ優勝の根拠は先発の枚数が揃った事、主軸の打者はそれなりに期待出来る事、オープン戦の戦いぶりがそつなくロッテらしくない事。
最後のロッテらしくない野球は伊東監督の野球が浸透して来た理由だろう、個人的には微妙だか、現役の監督では伊東監督の采配は1番上ではないかと思う。

2位以降は戦力で、打線と言うよりは先発の枚数で単純に評価。オリックスイーグルスは現有の投手力にかなりの難があるなと、オリックスは枚数いるはずなんだけど、毎年揃ったためしがほとんどありません。
イーグルスは則本以外に松井裕樹につなげられる先発がいるのか?などなどと、まあ3位までならどのチームでも大丈夫だし、順位なんて始まってみないと分かりませんわなー。